Ran Kyoto Standard Jazz Night

1980年9月15日に51年の生涯を終えたビルエバンスはそのリリカルなスタイルから数多くのミュージシャンに大きな影響を与えて来ました。

没後40年近く経った今もその人気は絶大で、日本で最も人気のあるジャズピアニストの一人といってもいいでしょう。

 

今回、この京都の地でビルエバンスの愛した曲の数々を関西ジャズ界の重鎮・藤井貞泰トリオ+実力派の女性ボーカリスト平野翔子 の演奏でたっぷりとお届けします。

 

乱・京都スタンダードジャズナイトでは、ライブ当日演奏予定の曲を前もって告知いたします。

ご来場されるお客様はライブ当日、どのようなライブを期待できるのかをあらかじめ予測していただくことができます。

第一夜 8月24日(土) (1st 18時開演 2nd 20時15分開演)
テーマ 「ビルエバンスの愛した曲」

前売り 2000円 当日 2500円 (税別)


ライブ時間 1セット 約80分(休憩込み)

BILL EVANS の愛した曲

第1部 6時開演

 

Israel

 

My Romance

 

What is this thing called love

 

Intuition (Duo piano & bass) 

 

Danny Boy (Duo piano & Vo)

 

Someday my prince will come. (Vo)

 

Who can I turn to?

 

Autumn leaves

第2部 8時半開演

 

Walts for Debby

 

In your own seat way

 

All the things you are (piano solo)

 

Beautiful Love (Vo)

 

Alice in wonderland (Vo)

 

You and night and the music (Vo)

 

No cover, No Minimum (Blues)

 

The girl next door (Vo)

演奏曲目

program

※演奏曲は一部変更になる場合がございます。

​ミュージシャン紹介

平野翔子

(ボーカル)

京都市出身

 

高校時代の3年間芸能プロダクションに所属演技・ダンス・発声などを学びながらドラマ・映画に出演。その頃からバッキングボーカルで音楽活動を始める。

京都教育大学附属高等学校を卒業後、AN MUSIC SCHOOL KYOTOに入学。植村典生氏に師事。

歌唱、音楽理論、アンサンブルなどを学ぶ。

在学中からセッションやレコーディングの仕事を始め、ポップスをルーツにジャズから歌謡曲まで幅広くライブハウス・ホテル・野外イベント・ブライダル・ディスコなどで歌う。

NHK『ジャズライブKOBE』に定期的に出演中。

現在年間約300本の演奏活動を展開中。

2017年12月、1st mini albumを全国発売。

藤井貞泰

(ピアノ)

京都生まれ。同志社大学入学と同時にプロ活動を始める。その後、拠点を東京に移し、沢田駿吾クインテット、ジョージ大塚クインテット、原信夫と#&♭ではピアニスト、アレンジャーとして活動。「オリバー・ネルソン・イン・トーキョー」のレコーディング等、その中心的存在として活躍。さらに、リハーサルオーケストラ「フライング・ソーサ」は批評家の間でも話題をさらい、多彩かつ前衛的なサウンドはその後のジャズオーケストレーションへの大きな影響となる。同時に、この頃からボーカリストのバッキングの素晴らしさが評判になる。レコーディング、ジャズ理論書執筆などの多忙な日々を送った後、帰京。京都にて「藤ジャズスクール」を主宰し、後進の指導にも力を入れる。藤井のplayは現在でも進化を続け、深いリズム、可憐な音色、聴衆の心に届くハーモニー、類い稀と云える深い音楽的洞察力とJAZZに対する真摯なアプローチはジャンルを超え多くの人々から尊敬を受けている。

山本学

(ベース)

ジャズウッドベース奏者。1983年生まれ、神戸育ち現在は大阪に在住。関西大学でJazz研究会に入り演奏を始める。ウッドベースを井上幸祐氏に師事。谷町9丁目のSUBでベーシストの西山満氏の下、音楽を学ぶ。大学在籍中からさまざまなミュージシャンとセッションやライブを重ね、卒業後は関西各地で演奏活動をおこなっている。

 

2016年4月にリーダーアルバム「ねこtrio」をリリース。2018年3月、滝川雅弘(cl)Nicola Giammarinaro(cl)両名による2クラリネットクインテットのライブ盤CD「Nik & Takky」に参加。

戸田代武

(ドラム)

19歳の時にジャズドラマーに成る事を決意し京都の藤ジャズスクールに入学。ジャズドラムを石川潤二氏に師事すると共に、ジャズ理論も学ぶ。

 

現在は、京都、滋賀、大阪などで積極的にライブ活動を展開。

クールからアグレッシブまでそのレンジの大きなスタイルには定評がある。

 

ジャズドラムだけでなくジャズベース、ジャズボーカル、ジャズハーモニカ等も手がけるマルチプレイヤーとしても知られている。

© 2017 by RANKYOTO. All Rights Reserved.

  • Twitter Social Icon
  • YouTube Social  Icon
  • Googleプレイスソーシャルアイコン
  • Trip Advisor Social Icon
  • Facebook Social Icon
  • Instagram Social Icon